魔性の血

拙訳『吸血鬼カーミラ』は公開を終了しました。

2010-05-10から1日間の記事一覧

ルネ・ヴィヴィアン作『一人の女が私の前に現れた』第17章

ダグマーは、すべての花のうちでも、物思うことなく再生するリラの花を特に好んだ。ヴァリーが愛したのはくちなしの花で、それも繊細に加工され、ほんのかすかに風が触れただけでも色あせてしまうようなものが好きだった。「ダグマー、あなたはこれまでにな…