魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

ルネ・ヴィヴィアン詩集(訳詩)

ルネ・ヴィヴィアン(Renée Vivien=Pauline Mary Tarn, 1877 – 1909)の詩集から数篇。

ルネ・ヴィヴィアン「今どきの『水の精』」他五篇

数知れぬ「かも知れない」で 世の中はいっぱいでした

ルネ・ヴィヴィアン「私はいつまでも処女でいよう」他八篇

ルネ・ヴィヴィアンの詩集より「私はいつまでも処女でいよう」「海上の夜明け」「両性具有者に捧げるソネット」「誇らしく下げた鎖と…」「叫び」「正気」「傷心」「死者をして死者を葬らしめよ」「墓碑銘」の九篇。

ルネ・ヴィヴィアン(Renée Vivien)「タッチ(Le Toucher)」

ルネ・ヴィヴィアンの短詩「タッチ」とその英訳、およびアメリカのジェーン・クラーク監督がルネとケリメ・パーシャとの最後の逢瀬を描いた短編映画『ザ・タッチ(The Touch, 2007年)』のご紹介です。

ルネ・ヴィヴィアン(Renée Vivien)「友への言葉(Paroles à l’Amie)」

あなたは知っているわね わたくしは並の人間…