魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

KC & ザ・サンシャインバンド(KC & the Sunshine Band)の「ザッツ・ザ・ウェイ(That's The Way )」(1975年)の歌詞和訳

f:id:eureka0313:20190804152913j:plain
ナイト ミュージアム2』でのベン・スティラーエイミー・アダムス。front-row.jpより。

グーグルで検索していて、自分が探していた対象と違う対象に行き当たることはよくあることです。たとえば「ザッツ・ザ・ウェイ 歌詞和訳」で検索をかけますと、検索する側はKC & ザ・サンシャインバンドの1975年の大ヒット曲「ザッツ・ザ・ウェイ」の歌詞和訳を検索しているつもりでも、たまたま同じ邦題のレッド・ツェッペリンの曲(1970年)の歌詞の和訳をこのブログで公開しているせいで、ここへ迷い込んで残念な思いをする、そんな方々がいらっしゃらないとも限らない。と言うか、実際にいらっしゃるらしい。
実は私もこのKC & ザ・サンシャインバンドの「ザッツ・ザ・ウェイ」(原題"That's the Way (I Like It)" 「それが俺の好きなやり方」)という曲が、古い曲ですが、大好きなので、もし若い方々がこの曲に興味を持ち、歌詞の和訳を検索されているのなら、当ブログとしてもお役に立ちたいと思い、拙訳を公開(おおげさに言うと)することにしました。ちなみにレッド・ツェッペリンの「ザッツ・ザ・ウェイ」の歌詞和訳はこちら
KC & ザ・サンシャインバンドの「ザッツ・ザ・ウェイ」の歌詞は日本語にすると、こんな感じになります。

その調子だぜ ハアハア
気持ちいいぜ ハアハア
その調子だぜ ハアハア
気持ちいいぜ ハアハア

俺の手をにぎりしめて
愛してると言ってくれ
俺にお前の全部をくれ
ベストを尽くしてくれ

その調子だぜ ハアハア
気持ちいいぜ ハアハア
その調子だぜ ハアハア
気持ちいいぜ ハアハア

俺はお前の腕の中
俺たちは二人きり
耳もとの甘い声が
俺に火をつける時

その調子だぜ ハアハア
気持ちいいぜ ハアハア
その調子だぜ ハアハア
気持ちいいぜ ハアハア

歌詞はこれだけで、あとは延々と同じリズムが続くだけ。当ブログではアダルトコンテンツは基本的に取り扱っておりませんので、詳しい注釈などは差し控えますが、www.songfacts.comによりますと、当時の『タイム(Time)』誌はある記事でこの歌を「セックス・ロック」の一例として引用し、ドナ・サマー(Donna Summer)の「愛の誘惑(Love To Love You Baby)」(1975年)とともに、当時大流行していた性的暗示を含む歌のニューウェーブの一端と命名したが、保守系団体が反対運動を起こすきっかけとなったということです。
ちなみに先日(2019年8月2日)テレビで『ナイト・ミュージアム2(原題"Night at the Museum: Battle of the Smithsonian" )』という映画を観ていたら、アインシュタインの首振り人形の一群がこの歌を合唱しながら踊っておりました。アメリカ人の感性には時々ついていけなくなります。


KC & The Sunshine Band - That's the Way (I Like It) - Koko, London - July 2017

ついでにドナ・サマーの曲も貼っておきましょう。すでに鬼籍に入られましたが、これまた若い世代に聴き継いでいっていただきたいアダルトモードの傑作です。


Donna Summer - Love to Love You Baby