魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

エドガー・アラン・ポー「レノア(Lenore)」

f:id:eureka0313:20200711191521j:plain

カナダのイラストレーター、ヘンリー・サンダム(Henry Sandham, 1842 – 1910)による挿絵入りの『レノア』(1886年刊)の扉絵。ウィキメディア・コモンズより。

 

「頌歌(A Pean)」(1831年刊『エドガー・A・ポー詩集』)

こんなにも若くして逝ってしまった
こんなにも綺麗なひとに
いかにして鎮魂の祈りを捧げ
鎮魂の歌を歌おう

彼女の友人たちは彼女を見つめ
豪華な棺台ひつぎだいに目を丸くする
そして泣く 死せる佳人を
涙でけがそうとして

お金持ちだからとて彼女を愛し
思い上がっているからとて彼女を憎み
ひとたび彼女が病魔に屈するや
彼女の薄命に大喜びだ

「いかにも値の張りそうな
派手な棺布ポール」についてしゃべりながら
奴らは声をひそめよと この俺に言う
わが歌が息絶えるまで

さもなくば わが歌声を
しめやかな調べに合わせ
亡きひとを慰めるべく
悲しげに 悲しげに歌えよなどと

だが彼女は死んだ
若き日の希望とともに
そして俺は故人を思い
わが花嫁を思って 気が確かではない

故人は横たわっている
全身を花で飾られ
見れば「死」は彼女のまなこに宿り
髪の毛はなお生きている

このひつぎを乱打する俺
その音が おびただしい部屋のとびらを
通して返す 微かな木霊
わが歌の伴奏にふさわしい

人生の初夏に逝った君の
死に様は綺麗ではなかった
君の死は速やかでなく
静かな死でもなかった

この世の鬼畜以下の奴らから
君の命と愛とは解き放たれ
天界の玉座以上の
完璧な歓喜に迎えられる

さればこそ 今宵の俺は
レクイエムなどは歌わず
いにしえの異教徒たちの
頌歌ピーアンもて 君を送ろう

 

「レノア(Lenore)」(1845年刊『大鴉およびその他の詩集』)

f:id:eureka0313:20200712103041j:plain

「ああ黄金の酒杯は砕け 美酒は永遠に失われた」


ああ黄金の酒杯は砕け 美酒は永遠に失われた
鐘打ち鳴らせ 気高き処女のたましいは 今スチュクスの川を漂う
そうしてギイ・デ・ヴィアよ 涙はないか 今泣かずしていつ涙する
見よ 彼方なる堅く侘しい棺台ひつぎだいの上 君の恋人レノアは横たわる
さあ ともに鎮魂の祈りを捧げ 鎮魂の歌を歌おう
こんなにも若くして逝ってしまった絶世の美少女を悼む歌を
その若さゆえ 二重に痛ましい この佳人の死を悼む歌を

 

f:id:eureka0313:20200718153353j:plain

「鐘打ち鳴らせ 気高き処女のたましいは 今スチュクスの川を漂う」

f:id:eureka0313:20200715165115j:plain

「そうしてギイ・デ・ヴィアよ 涙はないか 今泣かずしていつ涙する」

f:id:eureka0313:20200712195114j:plain

「見よ 彼方なる堅く侘しい棺台の上 君の恋人レノアは横たわる」


『心なき人々よ 富ゆえに彼女を愛し おごりゆえ彼女を憎み
ひとたび彼女が病魔に屈するや 彼女の短命を誉めそやした
お前たちのその白眼により またその毒舌により
いかにして鎮魂の祈りが読まれ 鎮魂歌が歌われようぞ
この無邪気な少女を こんなにも若くして 非業の死へと追いやりながら』

 

f:id:eureka0313:20200718154245j:plain

「心なき人々よ 富ゆえに彼女を愛し 奢りゆえ彼女を憎み」

f:id:eureka0313:20200718154526j:plain

「お前たちのその白眼により またその毒舌により」


罪を認める だがそうわめきちらすな 今はただ安息日サバトの歌を
故人がつつがなく旅立てるよう しめやかに歌おうではないか
麗しのレノアは「先立った」のだ 若き日の希望とともに
それで婚約者をうしなった君が 悲嘆のあまり 錯乱したとて無理もない
繚乱と花咲いていたご令嬢 今ははかなき身と横たわる
金髪は今なお輝いている しかし目に輝きはなく
毛髪は今なお生きているのに 目が死んでいるのだ

 

f:id:eureka0313:20200718152852j:plain

「麗しのレノアは『先立った』のだ 若き日の希望とともに」

f:id:eureka0313:20200718152647j:plain

「それで婚約者を喪った君が 悲嘆のあまり 錯乱したとて無理もない」


退しりぞけ 今宵わが心は軽い 俺は挽歌ダージを歌うどころか
いにしえの異教徒たちの陽気な歌ピーアンうたって この天使を飛翔させよう
鐘を鳴らすなかれ 昇天のよろこびに酔い痴れる彼女の霊が 
呪われし地上より浮かびただよう乱声らんじょうにとらわれぬよう
下界の鬼畜どもより 天上の同胞らへと 怒れる霊は解き放たれる
この地獄より はるかなる天上界のやんごとなき地位をめざして
嘆きと悲しみから 主のかたわらなる黄金の玉座めざして』

 

f:id:eureka0313:20200712104605j:plain

「嘆きと悲しみから 主のかたわらなる黄金の玉座めざして」以上、挿絵はすべてヘンリー・サンダムによるもの。ウィキメディア・コモンズより。

 

宇多田ヒカルクレムリン・ダスク」。2004年10月リリース。


宇多田ヒカル - Kremlin Dusk

Exodus by Hikaru Utada (2004-10-05)

Exodus by Hikaru Utada (2004-10-05)