魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

(日本語訳)ボードレール「取り返せないこと(L'Irréparable)」

ヒエロニムス・ボス派「リンボに降臨するキリスト」。ウィキメディア・コモンズより。

悔いという名の感情を始末できないものかしら
年を取っても長々と 生きて動いて這いずって
蛆が死体を食うように 虫が樹木を食うように
このわれわれをむしばんで 食い物にしている奴を
悔いという名の感情を始末できないものかしら

どんな媚薬で 葡萄酒で それともどんなハーブ茶で
酩酊させてしまおうか この年老いた宿敵を
売春婦ほど貪欲で 食いしん坊で残酷で
蟻ほど我慢強い奴 悔いという名の感情を
どんな媚薬で 葡萄酒で それともどんなハーブ茶で

ねえ教えてよ 魔少女よ 知っているなら教えてよ
傷ついているこの心 痛みだらけの精神に
負傷兵らが踏み倒し 馬の蹄が踏みつぶす
そんな終わった人間と同じ私に教えてよ
ねえ教えてよ 魔少女よ 知っているなら教えてよ

狼がもう嗅ぎつけて からすがすでに目をつけた
この死にかけの人間に この臨終の存在に
この重体の兵卒に もはやお墓も十字架も
断念せねばならないか 知っているなら教えてよ
狼がもう嗅ぎつけた こんなあわれな瀕死の者に

泥にまみれた真っ黒な空を明るくできようか
瀝青れきせいよりも濃厚な闇をふたつに裂けようか
朝もなければ夜もなく 星もなければ葬送の
稲妻もない暗黒を 引き裂くことができようか
泥にまみれた真っ黒な空を明るくできようか

宿屋の窓に きらきらと輝いていた希望の
いつしかすべて消えている もう永遠にともらない
月もあかりもない夜のこの暗闇に とぼとぼと
悪路を歩む殉教者たち 憩いをどこに求めよう
宿屋の窓のともしびを 悪魔はすべて吹き消した

魔性を帯びた美少女よ 呪われびとは好きかしら
過去の重荷というものを あなたは知っているかしら
毒を仕込んだ矢をもって 人の心を射抜く奴
悔いという名の感情を あなたは知っているかしら
魔性を帯びたの美少女よ 呪われびとは好きかしら

取り返せないことどもが 呪われた歯でかじるのだ
それはわれらの魂を それはあわれな記念碑を
それはしばしばシロアリのごとく 基礎なる土台から
建築物をむしばんで 建築物をくつがえす
取り返せないことどもが 呪われた歯でかじるのだ

――どこにでもある劇場で 私は時に見たものだ
オーケストラの爆音が炎を上げている奥に
ある妖精が舞い降りて 地獄の黒い大空を
奇跡のようなあけぼのの光で照らす光景を
――どこにでもある劇場の奥に 私は時として

黄金きんと光と薄紗はくさとで合成された人物が
だい堕天使だてんしを打ち破り 打ち倒すのを見たのだが
大感激エクスタシーの訪れを絶えて知らないわが胸は
薄紗はくさの羽根で舞い降りるあの人物を 観客が
ずっと空しく待ちわびている そんな一つの劇場なのだ

*『悪の華』第二版54。原文はこちら