魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

「恋に落ちたら」他三篇

あなたと一緒

正しい住所
 届いた封書
表書きには「極秘」と大書
差出人は彼女の彼女
 折りしも九月
きびしい残暑

Aの彼女と言われる彼女
 Bより美人
Cと親しい
四人姉妹の優しい長女
 汚れを知らぬ
制服の処女

Aには内緒
 Bにも内緒
Cに知れたら念書で対処
校舎のうらの草むらのかげ
 ひらいて読んだ
「極秘」の文書

『あなたは一緒
  わたしと一緒
 同じ血を引く吸血少女
 この草むらがわたしの住所
  この首筋がわたしの急所
 一緒になろう
  ひとつになろう
  死ぬまで一緒
 死んでも一緒』

読んだら消えた
 不思議な艶書
 折りしも九月
きびしい残暑

魔性の血

澄ました顔をするなかれ
 耳を澄ましてほしいだけ
 真犯人は誰かしら
あなた以外にいるかしら

殺されたのはA子さん
 文芸部では最古参
 校舎のうらの草むらで
夕陽を浴びて死んでいた
そのなきがらは 今もなお
 寮のベッドに横たわり
 寝返り打って くしゃみして
いびきをかいているという

わたしが暮らすこのクラス
 秘密だらけの花畑
 紋白蝶に揚羽蝶
時にわたしは委員長
美貌の少女 B子さん
 天使のようなC子さん
 大事にしたいD子さん
いつもいい子のE子さん
澄ました顔をするなかれ
 耳を澄ましてほしいだけ
 耳に入れたいこの話
入れたら 耳が痛いかも

他人の胸をさわるより
 自分の胸に手をあてて
 耳が痛くはないかしら
それとも 耳が遠いのか
真犯人は誰なのか
 誰がA子を殺ったのか
 その首筋に いつまでも
消えない傷をつけたのか

真犯人はC子さん
 そう言ったのはB子さん
 男 男と言いながら
実は女を食っていた
 証拠はあるの
 証拠はこれよ
いきなり脱いで見せる馬鹿
 見てもいいわよ身体中
 見てもいいけど授業中
みんな注目 キスマーク
 今日の教師もまた狂死

真犯人はC子さん
 そう言ったのはD子さん
 きれいな手口 きれいな血
それが彼女の殺し方
そしてわたしはお嫁さん
 しかももうすぐお母さん
 お腹の中に子供さん
その父親はC子さん
そこまで言ったD子さん
 校舎の窓を開け放ち
 校舎のうらへ飛び降りて
真っ赤な花がまた咲いた…

開け放たれた窓辺から
 下を見ているわたしたち
 紋白蝶に揚羽蝶
時にわたしは委員長
未来はとても甘いから
 お花畑は蜜だらけ
 手と手を結ぶむすめたち
触れ合っている花と花
澄ました顔をするなかれ
 耳を澄ましてほしいだけ
 真犯人は誰かしら
それはわたし と風が言う…

流れているわ 姉妹たち
流れているわ 姉妹たち
 それは誰の血
 D子の血
たぶん駄目だわ あきらめて
そんな馬鹿なとB子さん
 信じられぬとC子さん
 開け放たれた窓辺から
D子 D子と呼ぶE子
草のかげから現れて
 大丈夫よとD子さん
 無論狂言 お騒がせ
魅せる芝居を見せただけ

馬鹿馬鹿馬鹿とB子さん
 信じていたとC子さん
 白い両手で抱きしめて
いい子 いい子とE子さん
今日も誰かの赤い血が
 流れているに違いない
 流れているに違いない
むすめを結ぶ魔性の血

恋に落ちたら

f:id:eureka0313:20180909164031j:plain
(この画像はpublicdomainq.netさんからのもらいものです)


恋に落ちたら
 別れるわたし
切れてきれいになるわたし
切れば切るほどきれいになると
 銀のナイフをふりかざす

恋に落ちたら
 Aとは別れ
Bとも切れるこのわたし
優しいCはわたしの天使
 余命三日を切りました

優しいCと
 恋に落ちたら
Cひとすじのこのわたし
Cを探してさまようあいだ
 Aは花屋で待ちぼうけ

優しいCを見うしなったら
 死ぬに死ねないこのわたし
さまようあいだ
 美貌のBは
校舎のうらで待ちぼうけ

花に埋もれて
 Aは永眠
そっと十字を切るわたし
それは十時の校舎のうらで
 美貌のBを刺すわたし
 刺せば刺すほどさっぱりすると
銀のナイフをふりおろす

Aを落として
 Bとも堕ちて
まるで魔性のこのわたし
優しいCはわたしの天使
 こんなわたしを浄めてくれる
きれいな霊にしてくれる

余命数秒
 そろそろ寿命
銀のナイフが突き刺さる
「死んでしまって姉妹になろう」
優しいCは不老不死

恋に落ちたら死 死 死・・・

結婚したら

今日も快晴
 あなたは女性
たぶん異性がいないせい
 同性なのに惹かれてしまう
花の高校二年生

道に迷ったある日の夜道
 道にそむいて抱き合った
そんなあなたは
 長身痩躯
短い髪の下級生

今朝の地方紙
 あなたとわたし
『進展なし』の大見出し
 それは昨晩 ホテルの前で
ふったあなたをぶったから

「あなた わたしと
  連れ添う気なら
 はやくホテルに連れ込んで
 子ども作って 責任とって
 晴れて夫婦(めおと)となりましょう」

「わたし一途な一年坊主
  上手ではないプロポーズ
 結婚したら
  幸せにする
 きっとホテルに連れ込むわ」

結婚したら
 胸がどきどき
月水金は避妊の日
避妊するなら
 場所を選んで
すれば妊娠しないはず

結婚したら
 胸がどきどき
週に一度は不倫の日
不倫するなら
 相手を選ぶ
きっとあなたを選ぶはず

踊る校長
 驚くわたし
紙面に躍るこの見出し
帰宅部長と
 新入部員
帰宅途中にゴールイン』