魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

リェーナ・カーチナ「t.A.T.u.は時代を超えたプロジェクト」(「リェーナ・カーチナ vs. t.A.T.u.」番外編)

リェーナ・カーチナの新曲「Вирус(ウィルス)」。2020年2月リリース。

恋わずらいは
肺をむしばむ
メディアは嘘をついた
ウィルスは命取りだと


Лена Катина - Вирус (акустическая версия) live


以下はロシアのテレビ情報誌『Teleprogramma』のホームページに2020年8月5日付で掲載されたリェーナ・カーチナに対するインタビュー記事からの抄訳(英訳からの重訳)。原文はこちら

<目次>

 

息子は芸能界には入れたくない

f:id:eureka0313:20200902085916j:plain

リェーナ・カーチナと長男のアレクサンドル(=サーシャ)・ケイティン君。teleprogramma.proより。

10年前、リェーナ・カーチナはt.A.T.u.を解散、ソロのキャリアを選びました。新しい人生はうつ病とともに始まりましたが、彼女は何とかこれを克服。現在、カーチナは息子、家族、そして音楽チームに満足しています。コロナ禍における活動制限のもと、彼女はショー「マスク」に参加、ツアー再開を待っています。

f:id:eureka0313:20200905122241j:plain

2020年3月、リェーナはロシアのTVショー「マスク(Maska)」に巨大な蜘蛛のコスチュームで登場、レディ・ガガの「ポーカーフェイス」などを披露。teleprogramma.proより。

A:リェーナ、サーシャは今何になりたいの?そしてあなたは息子さんをどんな職業に就かせたいですか?
Q:サーシャは一度にすべてのものになりたいんです!警官、消防士、運転手、機械工、そして芸術家...それは私たちが一緒にどんな本を読むか、どんな漫画を見るかによって変わるんですね。今のところ、この子がもっといろんな能力を持っているかどうかを言うのは難しい――学校に上がればそれが明らかになると思います。私はこの子が多面的な教育を受け、この子の好みに合った職業を決定し、安定した収入が得られればそれでいいと思っています。この子がどんな選択をしてもサポートするつもりですが、それがショービジネスではないことを心から願っています。
A:ショービジネス界で活動する子どもにとって、最も危険で難しいことは何ですか?
Q:ショービジネスの世界では、芸術全般と同様、保証や安定はありません。おそらくそれが天職と呼ばれる所以です――他の仕事はここまで不安定ではないからです。才能のある人はたくさんいますが、成功するのはごくわずかです。それにショービジネスは誘惑の世界であり、多くの場合、心身ともに健康に悪影響を及ぼします。私がこの世界に入ったのは運命です。私はたまたま選ばれて、まったく違う人生が始まったのです。最も困難だったのは「人気」という名の試練でした。特にあなたがまだ若くて、しかも全世界があなたを崇拝している場合、正気を失うのは簡単です。そうして私はやはり幸運でした。なぜなら私は「スター病」の初期の段階で、人気というものは急速に失われるものであり、あらゆる職業におけるプロに対する敬意とは全く異質なものだということを明確に説明してくれる家族や友人たちに恵まれていたからです。もちろん、背伸びしたいという誘惑(ドラッグやアルコールに関して)は再三ありましたが、結局それは私にとって魅力的ではありませんでした。ある種の内面的なタブーがあって――それはおそらく私自身の健全な成長のためのガイドラインだったのですね。さらに私はこれらの重い中毒のせいで、人々に何が起こるかを常に観察していました。だからショーがはねると本を持って部屋にこもり、「本の虫」と呼ばれたものです。

f:id:eureka0313:20200906092412j:plain

2013年8月、イギリスの週刊誌『OK!』のロシア版の表紙を飾ったサショ・クズマノヴィッチ氏とリェーナの結婚式の写真。starhit.ruより。

A:母性の話題に戻りますが――あなたはサーシャのお父さんとの離婚後、友好的な関係を維持することができていますか?息子は父親とコミュニケーションを取っていますか?
Q:サショと私は常に連絡を取り合っています。サーシャは定期的に彼と連絡を取り、私は写真やビデオを送信しています(編集部注:サショはスロベニアに住んでいます。彼はスロベニア出身です)。私たちは9年間一緒にいて、サショは永遠に私の家族になりました。したがって、良好な関係を維持することはそれほど難しくありません。さらに、私たちには息子がいて、私たちは優先順位を完全に理解しています――子どもの感情が最優先です。離婚後もお父さんとお母さんは仲良くコミュニケーションを取る、それがあるべき姿だと思っています。

ユーリャが親友だったことは一度もない

f:id:eureka0313:20200906100947j:plain

「20年前、リェーナ・カーチナとユーリャ・ヴォルコヴァは何百万人もの女子学生のアイドルだった」teleprogramma.proより。

A:ユーリャ・ヴォルコヴァやイワンと今も連絡を取っていますか?
Q:ユーリャとは長い間連絡を取っていません。私たちの交際範囲はかぶっていないのです。しかし私はヴァーニャとは連絡を取り合っており、またお互いに知り合いがいるので、私は常に彼が今何をしているのかを知っています。
A:ユーリャとのコミュニケーションをやめたのはなぜですか?
Q:私たちはまったく違う人間で、ただ同じプロジェクトに終始し、多くの時間を共にしただけです。もちろん、私たちは良い関係を保っていましたが、私たちが親友だったことは一度もありません。私たちは違うことに興味があるのです。もちろん一緒に仕事をする上で、他の誰もがそうであるように、小さな諍いもあれば、大きな対立もありました。2009年に初めてt.A.T.u.を解散し、次に2014年にソチ・オリンピックに出演するためにチームを組み、再び活動することに決めました。しかしその結果は共同作業の終わり以外にありませんでした。それは世間の目にさらされている多くの人々の問題、すなわちファンの期待の問題です。たとえば二人の俳優が映画の中で演技をする場合、ファンは実生活の中でも彼らが切っても切れない関係だと信じ続けます。しかしそれは演技が真に迫っていたことを示すだけで、スクリーンの外では誰もが自分の人生を持っています。だから「連絡を取っているか、いないか」というような質問は、私の意見では、いささか馬鹿げています。

イワン・シャポヴァロフは現代のツァラトゥストラ

A:シャポヴァロフはあなたにとって、あなたの両親よりも共に多くの時間を過ごす人となりました。舞台裏で何があったのですか?彼はあなたに対して苛立ちを見せましたか、それとも彼はいつも「家族の父」でしたか?
Q:イワンはいつも私たちとよくコミュニケーションを取り、私たちが今何をしているのか、なぜそうしているのかを説明してくれました。彼はこれについて決定的に時間をかけてくれたので、私たちはプロセスを理解し、整理することができました。彼は私たちに対して時間と忍耐を費やし、私たちはこれについてどんなに感謝しても足りません。「あそこへ行って、これを歌って」と指図するだけのプロデューサーの話を私はたくさん知っています。ヴァーニャは決してそうではなかった。彼はいつも注意深かった。私は彼を他のどのプロデューサーとも比較することはできません、彼はぜんぜん違うのです!ヴァーニャは常に彼自身のヴィジョン、彼独自のやり方を持っていて、アイデアで人々にスイッチを入れる才能がありました。彼はまるで現代のツァラトゥストラです。私は何よりも彼とスタジオで仕事をするのが好きで、ヴァーニャはいつも魔法でした。彼は何かしら、私から自分でも信じられない感動を呼びさます術を知っていた。彼は人を仕事に集中させ、正しいムードに持っていく術を知っていたのです。しかしツアーでは、彼は実際には私たちとともに出発せず、私たちは彼といつも一緒だったとは言えません…コンサート・ディレクターすら同行しないことがほとんどで、それは何よりもまず、私たちは月に30公演をこなしていたからです。

f:id:eureka0313:20200907193549j:plain

2020年8月4日、イワン・シャポヴァロフはラジオ・コムソモリスカヤ・プラウダの音楽番組に出演。自らの新しいプロジェクトについて語り、「コロナ禍の世界における音楽の使命とは何か」との問いに「美は世界を救う。音楽は美と調和の顕現だ」と答えた。radiokp.ruより。

A:16歳のとき、あなたはすでに成功したアーティストとしてお金を稼いでいましたが、その頃から不動産に投資していたそうですね。今の生活は快適ですか?
Q:エアバッグを持っているので、活動を制限されていても快適に過ごすことができます。ただ「お金が出ていくのは、お金が入らなくなった時だ」という諺がありますよね。ちなみに、これは事実です。ですから、近い将来に仕事が再開されることを願っています――経済的安定のためだけでなく、精神的安定のためにも。私はステージが、コンサート会場の熱気が、旅が本当に恋しいのです...

t.A.T.u.は時代を超えたプロジェクト

f:id:eureka0313:20200905174146j:plain

リェーナのパーソナル・アーカイブに保存されていた21年前の写真。teleprogramma.proより。

A:t.A.T.u.は多くの国で人気がありました。海外のファンは今でもあなたを覚えていますか?
Q:さまざまな国にたくさんのファンがいて、私は定期的に海外で歌っています。ファンの大部分はt.A.T.u.を愛するファンで、私のソロ作品も気に入ってくれています。私のソロ・プロジェクトに触れ、それを通してt.A.T.u.を知った新しいファンもいます。私たちのファンの愛は「無限以上」で、私はいつも長年にわたってあらゆる苦境で彼らのサポートを感じてきました。たとえば、今年の初め、t.A.T.u.のシングル「オール・ザ・シングス・シー・セッド」はSpotify(編集部注:オンライン音楽ストリーミングサービス)での再生回数が1億回に達しました。これはt.A.T.u.が時代を超えたプロジェクトであり、さまざまな世代の人々に関連していることをもう一度示しているように思えます。
A:t.A.T.u.が解散した時、あなたの心理学士としての卒業証書は役に立ちましたか?
Q:ご存じですか、すべての心理学者は自分自身の心理学者を持っていることを。もちろん、ある種の知識は私を常に助けてくれます。たとえば状況を分析することとか、物事を客観的に見ることとか。もちろん、t.A.T.u.が解散した時、それは私にとってはとてもつらいことでした。私はうつ病にかかり、カウンセラーに助けを求めました、彼は早い段階で私を助けてくれました。次には私の家族と友達が私を支えてくれました。私にソロアーティストとして活動を続けるよう勧めてくれたボリス・レンスキーや、私の個人的なアシスタントであり、友人でもあるオルガ(訳者注:オルガ・ルデンコ。リェーナの現在のマネージャー)や、曲を書くことを恐れるなと言ってくれたバンドのメンバーたちです。一般に、困難な時期には愛する人から助けを求めることが不可欠だと思います。今では、私を信じ、すべてを理解してサポートしてくれる素晴らしいチームができました。

f:id:eureka0313:20200911165528j:plain

シングル「マクドナルド」のPV撮影中のリェーナ・カーチナ(右)とオルガ・ルデンコさん。 I love Lena Katina Chileさんのインスタグラムから。

もう一人子どもが欲しい

A:あなたの幸せな気持ちはどこから来るのですか?
Q:幸せは何物にも依存しない内なる感情です。結局のところ、生活の質は部屋の数やら、新しいスマートフォンやら、スピードの出る車やらに依存しません。生活の質は、あなたが今どれだけ幸せか、どれだけオープンかによって決まります。それが一番大事なことで、人生を楽しむのに欠かせません。素晴らしい息子、私と親密な関係にある素晴らしい家族、私の好きな仕事、そして素晴らしい友達がいるので、私は幸せです。もちろん、私にはやりたいことがたくさんあり、目的と手段とがたくさんあって、そのすべてが私の場合、非常に困難です。普通の人と同じように、捗々しくない時間や、絶望の瞬間があります。それでも私は自分を幸せ者だと思っています。今のところ完全に満足するためには、英語版EP(編集部注:ミニアルバム)のリリースと、来年予定している家の改装工事が必要です。それともちろん、生涯のパートナーと出会い、もう一人子どもを産みたいのですが、こればかりは神の思し召し次第ですね。あとは自力でできます。


次回はユーリャ・ヴォルコヴァのつい先日公開されたロング・インタビューの内容をご紹介するつもり。


リェーナ・カーチナのニューアルバム「Акустика(アコースティクス)」。2020年4月リリース。「Вирус(ウィルス)」等4曲のアコースティック・ヴァージョンを収録したミニアルバム。

Акустика

Акустика

  • 発売日: 2020/04/17
  • メディア: MP3 ダウンロード