魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

2020-11-22から1日間の記事一覧

再読・伊東眞夏『ざわめく竹の森』其の十六

関ヶ原古戦場。ウィキメディア・コモンズより。 ㉓六月三日:坂本城 翌朝、目覚めた光秀は、ここは何処だろうと思った。更に、自分はどうしてここにいるのだろう、戦に行かなければならないのに、と嫌な胸騒ぎがした。寝起きの良い光秀にしては珍しいことだ…

(抄訳)テニスン(Alfred, Lord Tennyson)「ランスロットとエレイン(Lancelot and Elaine)」

「私は気が狂ってしまいました。あなたが好きです。殺して下さい」