魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

2019-08-27から1日間の記事一覧

ルネ・ヴィヴィアン『一人の女が私の前に現われた』へのイントロダクション――ゲイル・ルービン(10)

ルネ・ヴィヴィアン。worldofwonder.netより。 ナタリーと違って、ルネ・ヴィヴィアンはみずからの欲求を体系的な哲学用語で表現しようとは試みなかった。彼女は単純なロマンチストだった*1。ルネにとって、愛とは永遠であり、愛するとは身持ちを慎むことだ…