魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

2010-09-10から1日間の記事一覧

ルネ・ヴィヴィアン作『一人の女が私の前に現れた』第22章(最終章)

煙草の花々は、そのまどろみの香りによって、蒼ざめた夜気の痛みをやわらげていた。その危険なけだるさに満ちた吐息は、悪しき妄想をとめどなく生ぜしめた。沈黙はその熾烈さゆえに恐るべきものであった。それは『夜』を乱心せしめる苦悩の沈黙であった。植…