魔性の血

拙訳『吸血鬼カーミラ』は公開を終了しました。

2010-07-24から1日間の記事一覧

ルネ・ヴィヴィアン作『一人の女が私の前に現れた』第21章

一年後、クレマティスの花薫るある夏の夕暮れ、イギリスのアンティーク家具に飾られた図書室で、私はエヴァとともにいた。私が安らぎを見出したこのエヴァの屋敷においては、すべてが飾り気がなく、嘘がなかった。すべてが人を暖かく迎え入れてくれた。壁に…