魔性の血

拙訳『吸血鬼カーミラ』は公開を終了しました。

2009-10-10から1日間の記事一覧

ルネ・ヴィヴィアン作『一人の女が私の前に現れた』第14章

その日、薄紫色の織物のように、美しい黄昏がおのずと紅潮している巷々をさまよいながら、私はふとサン・ジョヴァンニの姿を見つけた。彼女の姿はいつもにも増して、古い額縁によって周囲から切り取られているかのように見えた。その凹凸を欠いた胸や腰は、…