魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

2009-09-20から1日間の記事一覧

ルネ・ヴィヴィアン作『一人の女が私の前に現れた』第13章

「印刷機のインクの匂いが鼻に付かないかしら」鼻の穴をふくらませながら、サン・ジョヴァンニが言った。彼女の書斎の窓から、眼のような西日が差し込んでいた。「確かに」と私は答えた。「これこそ文学の神様に捧げられたもっとも妙なるお香のかおりではな…