魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

2009-08-30から1日間の記事一覧

ルネ・ヴィヴィアン作『一人の女が私の前に現れた』第10章

私の闇は最後に夜明けとともに破れて、人や物のおぼろげな輪郭が悪夢の恐怖に取って替わった。言葉が聞き分けられるようになるとすぐ、イオーネが死んだと聞かされた。彼女は地下の墓所で永眠していた。窮屈そうな棺桶が白いすみれの花で飾られていた。薄闇…