魔性の血

拙訳『吸血鬼カーミラ』は公開を終了しました。

2009-08-19から1日間の記事一覧

ルネ・ヴィヴィアン作『一人の女が私の前に現れた』第8章

私はイオーネの庭にいた。そこでは百合よりも神秘的な白いアイリスが青ざめていた。私はこの白いアイリスのことを一生忘れまい。そうして菫の物悲しい香りが、別れの言葉のように、小道を立ち去りがてに漂っていた。彼女が恐らくは考えごとをしながら、好ん…