魔性の血

拙訳『吸血鬼カーミラ』は公開を終了しました。

2009-08-11から1日間の記事一覧

ルネ・ヴィヴィアン作『一人の女が私の前に現れた』第7章

数日後、イオーネは発った。彼女から太陽の恵みに満ちみちた花が届き、優しい手紙があとに続いた。幸福が希望のあとに続くように。彼女のことが気になって仕方ない時もあったが、そのあとにはふたたび貪欲な恋情のとりことなった。なぜならヴァリーは私から…