魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

2009-07-31から1日間の記事一覧

ルネ・ヴィヴィアン作『一人の女が私の前に現れた』第6章

大地は『冬』の最初の接吻でよみがえった。彼は幸福な巨人のように笑いながら、雪や、氷や、霜や、心ある風を楽しんだ。その年初めての寒気による酔い痴れ心地が、活力と満足感とで空を満たした。愛の歓びのように鋭い冷気に身を震わせて、私は狂喜した。私…