魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

2009-07-19から1日間の記事一覧

浮気者の論理(『レスボスの女王』より)

ルネ・ヴィヴィアンの小説『一人の女が私の前に現われた』の中では、ナタリー・バーネイがモデルと思われる人物が、種々の詭弁を弄して自分の浮気癖を正当化しようとします。たとえば、「あなたはあの素晴らしい無私無欲の境地にまで自らを高めることはでき…