魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

2009-05-23から1日間の記事一覧

「傷心(Lassitude)」について (『レスボスの女王』より)

『レスボスの女王』(ジャン・シャロン著、小早川捷子訳、国書刊行会)から、ルネ・ヴィヴィアンに関する章(第6章「ルネ」)を再読してみます。まず最初の出会いです。「1900年にルネは23歳、ナタリーは24歳である。はじめて出会ったのは劇場の桟敷席で、…