魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

2009-05-09から1日間の記事一覧

ルネ・ヴィヴィアン作『一人の女が私の前に現れた』第2章

こめかみを霧雨に濡らしたまま、私はヴァリーのサロンに入った…鬼百合は巨大な花冠を広げ、そこから強烈な香気を発散させていた…ヴァリーはペルシャ織のソファーの上にごろりと横たわって、数人の友人たちをもてなしていた。彼女の白いワンピースはその全身…