魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

2008-09-04から1日間の記事一覧

『カーミラ(Carmilla)』第7章「堕ちてゆく道」

その夜の出来事を思い出すたびに、私が今も味わう恐怖を、ここであなたにお伝えしようとしても無駄であろう。それはただ単に怖い夢を見たというような一時的なものではなく、時間の経過とともにさらに深まってゆく恐怖で、私は自分の部屋の中を見まわすのが…