魔性の血

リズミカルで楽しい詩を投稿してまいります。

2008-08-27から1日間の記事一覧

『カーミラ(Carmilla)』第4章「彼女の習慣‐ある日の散策」

私が彼女のほとんどあらゆる点に心奪われていたことは既に述べた。あまり好きになれない点もいくつかはあった。彼女は女性としては背の高い方であった。手始めに彼女を描写してみよう。彼女はすらりとして、すばらしく姿のいい女性であった。からだがだるそ…